• お得な定期購入
  • ご利用ガイド
  • さんさんひろば
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

よくある質問

ビヒダス BB536について

  • ビフィズス菌 BB536と他のビフィズス菌との違いはなんですか?
  • ヒト由来のビフィズス菌
                 
    ビフィズス菌BB536は健康な乳児から発見された、ヒト由来のビフィズス菌です。現在市販されている他のビフィズス菌製品には動物由来のビフィズス菌が使われていることが多くありますが、やはりヒトに適しているのはヒト由来のビフィズス菌と考えられます。
            
    生きたまま大腸に到達する!
            
    一般的にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、ビフィズス菌BB536は他のビフィズス菌に比べて、酸や酸素に強く、製品の中での生菌数が高く、生きたまま大腸に到達することができる菌です。
                 
    長年の研究と製品応用に裏づけられた安全性!
            
    森永乳業では1969年にビフィズス菌BB536を発見し、すでに30年以上のビフィズス菌の研究および製品への応用を続けてまいりました。この長年の研究データの蓄積により、その安全性が裏づけられています。また、2007年には米国においてGRAS(Generally Recognized As Safe、「一般的に安全と認められたもの」)として認められました。
                 
    世界の30カ国以上で利用されている!
            
    ビフィズス菌BB536はこれまで30カ国以上でヨーグルトやサプリメント、育児用粉ミルクなどの健康食品や乳児用食品に利用されています。ビフィズス菌BB536は日本国内に限らず、世界でも効果や安全性が認められた有益なビフィズス菌です。
                          
    数多くのビフィズス菌の中から選ばれた菌株!
             
    菌には英数字がついていることがありますが、これは菌株名と言います。人には個性があるように、同じ種類の菌でもそれぞれに生理機能や形態が異なることがあり、これらを分類するために名前がついています。BB536という名前もその一つで、数多くのB. longumの中から選ばれた菌株です。

ページトップへ